2017/04/12の問題

今日4月12日は1784年に漢委奴国王の金印が出土したとされる日です。1世紀頃に後漢の皇帝から贈られたとされています。現在では印鑑に付きものといえば朱肉。何故「肉」が付くのか。それが今日のことば検定です。

問題 「朱肉」、なぜ「肉」の字が使われている?

青 肉はやわらかい
赤 肉は赤い
緑 食べるなら、今でしょ!

今日の緑、しゅにくではなくしゅんにくう(旬に食う)だそうです。

朱肉は正式には印肉と言うそうです。日本に伝わったのは7世紀頃です。昔は印を押す人も限られていたので一般に普及したのは明治になってからだそうです。室町時代頃から印の色を使い分けるようになったそうです。織田信長は正式な文書には朱印、個人的な文書には黒印を押していたそうです。当時の公文書は朱印状、使われている印は御朱印と言いますが、これは黒印に対して生まれた言葉だそうです。現在でも赤以外の印もありますね。なので色は関係なし。

ということで正解は青でした。肉という字には柔らかくて厚みのあるものという意味があります。果肉とか。


本日のお天気検定はまたも桜に関する問題です。

問題 「桜駅」は全国にいくつある?

青 1つ
赤 2つ
緑 5つ

正解は赤の2つでした。三重県四日市市にある近鉄の桜駅と名古屋市南区にある名鉄の桜駅があるそうです。