2017/07/20の問題

世界水泳盛り上がってますね。注目はリレー。リオ五輪で日本がメダルを取りました。その時アンカーだった松田選手は引退しましたが、新たなメンバーに期待がかかります。そこで今日のことば検定はアンカーについての問題です。

問題 リレーの「アンカー」、名前の由来は?

青 騎馬戦
赤 綱引き
緑 ゴルフ

今日の緑、アンカーではなくバンカー。林先生はアンガールズを使う案を出したそうなのですが、却下されたそうです。私はアンガールズ使って欲しかったなぁ。

アンカーの本来の意味は錨。アメリカではキャスターのことをアンカーと言うそうです。アンカーとは重要な役割の人ということですね。競泳のリレーで最後のキーマンが錨だと、沈んでしまいそうで変ですね。元々は最後の人が重いことが重要な競技で使われ始めたそうです。そこから最後の人=アンカーとなったそうです。最後の人が重いことが重要な競技とは・・・

正解は赤の綱引きでした。綱引きでは一番後ろに重くて力の強い人をアンカーと呼んだことから他の競技でも使われるようになりました。水泳や陸上のリレーでも最後の人をアンカーと呼ぶようになりました。ていうか、綱引きって体重制限あるんじゃなかったっけ?男子の場合平均体重77キロまでだったような・・・まあでも平均体重77キロになるように無造作に数人集めたら一番重い人は結構重いか。


本日のお天気検定は今年トヨタ自動車が18年ぶりに世界ラリー選手権に復帰したということで、トヨタ自動車のこれまで8戦の成績についての問題です。

問題 今年のWRCでトヨタが表彰台に上がったのは?

青 1回
赤 3回
緑 8回

正解は赤でした。モンテカルロでの第1戦で2位、スウェーデンでの第2戦が優勝、イタリアで行われた第7戦で2位だったそうです。