2018/01/23の問題

今日1月23日は明治35年に陸軍歩兵連隊が雪の中の行軍訓練のために青森県の八甲田山に出発した日。訓練に参加した210人のうち199人が死亡したそうです。山岳遭難事故としては世界最悪だったそうです。新田次郎が事故をもとに小説を書き、映画化もされたそうです。連隊の装備は雪山に行くにはあまりにも貧弱だったそうです。訓練自体がおおきなあやまち・・・ということで今日のことば検定はは「あやまち」に関する問題です。

問題 「あやあち」、正しい漢字は?

青 誤ち
赤 過ち
緑 良町

今日の緑、あやまちではなく「ややまち」だそうです。熊本に良町(ややまち)という地名が実際にあるそうです。林先生はこれでは良町の方に失礼ということでスタッフに代わってお詫びをしていました。

ということで今日も二択ですが、そもそも青の漢字に送り仮名を付けたら「誤り」ですね。「誤」の字の「呉」は「ご」という音を表す音符の役割と食い違うという意味を持つそうです。つまり言葉が食い違う=あやまりということです。一方赤は過度や過剰のようにゆきすぎる、度を超すという意味があります。そこからあやまちという意味が生まれました。

ということで正解は赤でした。青の漢字は表現や行動のある部分や手順の間違いを指し、訂正することが可能です。一方で赤の過ちは人の行為自体や結果の間違いを指すそうです。つまり過ちは繰り返さないようにするものであって、訂正することは出来ません。まさに八甲田山での軽装備の雪中行軍は大きな過ちですね。


本日のお天気検定は、東京都心で4年ぶりの大雪になったということで、東京の雪に関する問題です。

問題 東京都心の雪日数、1シーズンの過去最多は?

青 9日
赤 19日
緑 29日

正解はなんと緑でした。1983年-1984年シーズンに記録したそうです。2月と3月にそれぞれ10回も雪が降ったそうです。